Google アドセンスの申請

クリック広告で収益を上げるならやっぱり「アドセンス」が一番ですが、その分審査があり承認されなければ広告を載せることが出来ません。
以前に比べちょっと敷居の高くなった「アドセンス」を一発合格する方法を解説していきます。

アドセンス審査申請の準備

以前のように、ちょっと無料のブログに記事を載せて審査申請なんてことは、現在は出来ません。
合格するには、ちゃんと準備が必要です。

ドメイン名とサーバの用意

アドセンス審査の申請には、対象となるブログやホームページのアドレスが必要です。
昔は、無料のブログ等のアドレスで申請することが出来ましたが
今は、アドレスはメインドメインでのみ登録可能となっています。

無料ブログのアドレスは、サブドメインやサブフォルダのアドレスなので申請することが出来ません。

ドメイン名を取得して無料ブログサービスへ設定して申請するか
ドメイン名の取得とレンタルサーバでブログをインストールして申請するか、その他いろいろ有りますが、やっぱりお勧めは、取得したドメイン名を設定したレンタルサーバにWordPressをインストールして記事を載せ申請した方が良いかと。後々の事を考えても安心です。

サーバにWordPressをインストールするには、以下の記事が参考になります

XSERVERにWordPressをインストール 2019
XSERVERには、自動インストールと言う機能が有り、「WordPress」,「EC-CUBE」,「XOOPS Cube」,「PukiWiki」と言ったプログラムをサーバーパネルから簡単にインストールすることが出来ます。 XSERVE...

コンテンツの準備

なるべくオリジナリティの高い記事を10件以上、1件当たりの文字数も多い方が申請が通り易いようです。
商品販売を記事にしたりすることは、お勧めしません。
結構内容が問われるみたいなので、

AdSense プログラム ポリシー - AdSense ヘルプ
AdSense 公式ブログでも、プログラム ポリシーに関する最新情報や事例、よくある質問をご確認いただけます。
ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン - AdSense ヘルプ
ユーザーと広告主様の利便性を確保するため、AdSense プログラムに参加するサイト運営者様はウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠

の記事を読んでおくことをお勧めします。

コンテンツ内容の補足

他サイトからの記事をコピーして載せない。
政治、宗教に偏った記事は、避けた方が良いかと。
批判、中傷する記事はダメです。
アフィリエイトリンクは、なるべく貼らないように。
過激な内容を含まない役に立つ情報は、高評価。
プライバシーポリシーの宣言が有ると方が良い。

審査を受けている間

なるべく、新しい記事を投稿することをお勧めします。
毎日更新があるサイトと言う印象で、高評価判断材料が増える可能性があります。

そして
無事に審査が通ると!

申請時に登録したメールアドレス宛に

と言うことになります。